心臓ドックで命の危険を早期に察知|検査で予防することが大切

医者

都心の高齢化事情

看護師

世田谷区は東京都内で一番の高齢者人口となり、医療や介護の問題が徐々に迫ってきている状況です。特に、通院できない高齢者も多く、入院による病床数が足りない問題も深刻です。そういった問題には在宅医療が解決の1つとなり、自宅にて診察を行ってくれる体制が今後の高齢化を支えていくことになります。

読んでみよう

しっかりと検診を受ける

観葉植物

女性特有の病気に乳がんがあり、早めに気付くためにも乳がん検診は受けると良いです。また、毎年受けていても乳がんを発症する人もいるので定期的に受けることが望ましいといえるでしょう。

読んでみよう

心臓病の検診

医者

心臓病の検診の注意点

心臓病は命に関わる重病であるため、早期発見することが何よりも大事になる。心臓病を早期発見するには、定期的に心臓病の検診を受けることが必要である。心臓病の検診は、最先端の医療機器を備えた病院で受けることが望まれる。心臓ドックは最先端の医療機器を使用して、あらゆる心臓病の検査をすることができる。心臓ドックで心臓病の検査を受けるには、心臓ドックの設備を導入している病院に通院することが必要になる。全ての病院が心臓ドックの設備を完備しているわけではないので、注意が必要である。心臓ドックでは、運動負荷心電図やホルター型心電図、冠動脈CTなどの検査が受けられる。費用は医療機関や検査の内容によって異なるので、受診する前によく確認しておく。

心臓病の検診の今後の動向

高齢になると心機能が衰えてくるので、心臓病に注意することが必要になる。心臓病はガンに次ぐ日本人の死亡原因の第2位の病気になっており、多くの人が心臓病で命を落としている。心臓病はガンと同様に、病気を早期発見することが非常に大事になってくる。心臓病を早期発見するために心臓ドックを受ける人は増加しており、今後も心臓ドックを受ける人は増加すると予想される。心臓病の中で最も死亡数が多い病気は、虚血性心疾患である。虚血性心疾患は動脈硬化症の人が患いやすいので、動脈硬化症を早期発見することが、心臓病による突然死を防ぐことに直結する。食生活の欧米化などで動脈硬化症になる人は増加しており、今後も動脈硬化症の患者は増えると考えられる。定期的に心臓ドックを受けることによって、動脈硬化症を早期発見することが可能になる。

早期発見につなげる

女性

すい臓がんには、肥満や糖尿病や喫煙などの危険因子があることがわかっています。特に喫煙は確定された危険因子なのです。ですから喫煙をしないことによって、すい臓がんになることの確率を大幅に下げてくれるのです。

読んでみよう