心臓ドックで命の危険を早期に察知|検査で予防することが大切

病院

早期発見につなげる

女性

重要な仕事

すい臓はよく聞く事はあると思いますが、胃の後ろにある臓器である事を知っている人は少ないでしょう。その役割としては、食物の消化を助ける事と血糖値などを調整するのに必要なホルモンの生成などです。ですから意外と重要な仕事をしているのです。このようなすい臓自体の役割を知らなくても、すい臓がんはよく聞く事があるでしょう。すい臓がんは、基本的には特徴がありませんので、お腹が痛くなったりとか、食欲が出ないなどの普通の症状で来院される方が多いのです。ですからこのようなことを知っておいて、日ごろからすい臓がんに対して疑いの目を持っておくことが早期発見につながるものなのです。早期発見だと、完治する確率が非常に高くなるのです。

喫煙をしない

すい臓がんに特徴は無いのですが、時々黄疸として症状が出ることが関係していることがあります。黄疸は尿の色が濃くなったり、体に痒みが出てきたりします。それは、すい臓がんにより胆管が詰まってしまった事によるものなのです。他にはすい臓がんのために、糖尿病が悪化をしたりすることが報告されています。すい臓がんを引き起こす危険因子として挙げられているのは、糖尿病や肥満や喫煙によるものです。ですから少しでも工夫をすることで、すい臓がんとなることを回避することができるでしょう。特に喫煙に関しては、すい臓がんの原因となるものとして確定されていますので、とてもリスクを伴っているのです。ただ逆に考えると、喫煙をしないことによってすい臓がんになる確率を大幅に下げることができるのです。