心臓ドックで命の危険を早期に察知|検査で予防することが大切

病院

都心の高齢化事情

看護師

高齢者増加による問題

東京にある世田谷区は、都内23区のうち高齢者人口の数がとても多いです。もともと世田谷区は人口が多い地域でもあるので、高齢者が多くても不自然ではありません。しかし、高齢者が多いことは医療や介護の問題が出てくることになり、特に医療施設では病床数が足りないことも大きな問題となっています。体を動かすのが困難な場合は通院するのもままならくなるので、そういった人たちも含めて在宅医療が意識されるようになりました。在宅医療のメリットは通院できない人のために、自宅まで医師や看護師が来て診察してくれることです。それも定期的に行ってくれて、日々の患者の健康を守ってくれます。そして、足りない病床数の問題も解決していくことになり、在宅医療のサービスは世田谷区を始め全国的に動き出そうとしているのです。東京都内だけでも高齢者数は約200万人以上となり、世田谷区はその中でも一番の数です。率先して在宅医療を活発に行わなければいけない立場として、自治体による取り組みもどんどん進みだそうとしています。

東京都は日本の中でも一番の人口を誇り、大病院も数多くあります。医療に対しては一部の地方と比べると恵まれた環境にもなっているのですが、人口が多い分、病床数にも限りがあります。これからの高齢化の増加に追い付いていないのが現状なのです。また、高齢者でもそのほとんどが病院で最期を迎えてしまうのが目立ちます。しかし、高齢者を含めた多くの人は、住み慣れた自宅にて無理なく最期を迎えたいという望みを持っています。そういった本音と患者を思う家族の意見が食い違うこともよくあり、患者の意見が通りにくいということもよくあるのです。在宅医療はそういった複雑な事情も解決できる糸口にもなり、何より家族の理解が必要です。在宅医療を行う医療機関では、こうした患者や家族の気持ちを上手くくみ取っていくことも今後の課題です。世田谷区は高齢者の単身世代が多いことも目立ちますが、家族との連携が在宅医療を支えていくことにもなるのです。高齢化社会で起こる問題はいろいろとありますが、在宅医療はその1つの解決策として将来的にその普及が期待されています。